« 懸賞 | トップページ | 全自動ブックスキャナー »

2006年2月16日 (木)

パソコンの未来Multi-Touch Interaction Research

みそ先生の blog で紹介されていた "Multi-Touch Interaction Research" に感動!

コレ、ほんとにスゴイ!動画をみてもらうとわかると思うんですが、ホントにマイノリティリポートを彷彿させるような操作を実際に行っているんですよ。

以前に、TactaPad ってデバイスを知ったときも、「なんだこりゃ!?」って感じで、マルチタッチ式の GUI にスゴク衝撃を受けたんですけれど、今回のは、さらにソレを進めた感じです。

ああ、自分でもさわって操作してみたい...

このあたりのテクノロジーが、パソコンやゲーム機に標準で組み込まれるような時代を早く見たみたいモノです。

会社にいったら、みんなが手で画面をペタペタしながら、仕事してる風景をみたら、なんだか笑っちゃうかもしれないけれど。そんな風になるのも、遠い未来じゃないのかもしれないですね。

|

« 懸賞 | トップページ | 全自動ブックスキャナー »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24121/726214

この記事へのトラックバック一覧です: パソコンの未来Multi-Touch Interaction Research:

» わひょー。いいデバイス! [KQZ on authentic]
かっこいい! トロチチさん経由ちんげ教教祖様のblogより入電。 Multi-Touch Interaction Research  http://mrl.nyu.edu/~jhan/ftirtouch/ ウルトラQみたいなのやってるし。 いっそ3Dにしてテルミンみたいなデバイスにしてくれればさらにぐー。 ※テルミンとは? →テルミン - Wikipedia   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%B3 →電子... [続きを読む]

受信: 2006年2月16日 (木) 13時08分

« 懸賞 | トップページ | 全自動ブックスキャナー »