« 7月のアップデート「スクリーンショット」 | トップページ | 7月のアップデート「みャイル」 »

2007年7月 6日 (金)

iPhone に備える1年間

iPhone

7月のアップデート話はもうちょっとだけあるのですが、今回は割り込みで iPhone の話です。先日、某所に伺って、実際に iPhone をさわらせていただく機会がありました。このタイミングで iPhone をさわって体験することが出来たのは何物にも代え難い、恐ろしく貴重な体験でありました。

なぜなら、それは「未来」を見ること、体験することと同義だったからです。未来を知ることが出来るコトの価値が計り知れないというのは分かってもらえると思います。

そのときの興奮はいまでも冷めやらないのですが、その後、ずっと考えているのはその未来が現実になった時のコトです。未来といってもアメリカでは普通に売っているの現実なので、日本に iPhoneが上陸した1年後くらいの未来のコトですね。

気を抜くとそんな日本の想像をしてしまうくらい、iPhone はスゴイ。携帯電話でみんなの生活が変わってしまったくらい、iPhone で生活が変わるほどの発明品です。こう書くとオーバーな表現だと思う人もいるかもしれませんが、iPhone の便利さのひとつに「どこでも片手でネットが使える便利さ」があります。どこでもネットが使えたら、しかも片手で簡単に、そしてそれは中途半端なモノではなくて、パソコンと何ら変わらないか、それ以上の使えるようになったらすごく生活が変わっていく気がしませんか?そしてこれはiPhone の魅力の一部であって、全部ではないというコトまで言えば、わかってもらえるでしょうか?

今の日本の携帯電話が固定電話から進化して、小型化し、いろんな機能を持つに至った生命体だとすると、iPhone は始祖がまるでちがって、パソコンから進化して、小型化し、いろんな機能を持つに至った生命体という感じで、だから今の日本の携帯電話とは似てもにつかないけれど、携帯電話以上の機能と便利さ、そしてコレが重要なのですが、楽しさを備えるに至っていると思います。

未来の話に戻ると、iPhone が日本で発売されたら、日本でも急速に普及するかというと、それは価格(本体、通信費)の問題もありますから現時点では何とも言えませんが(それでも可能性は高いと思いますが)、たとえ多少時間がかかっても、浸透していくのは間違いないでしょう。

公式発表はありませんが、おそらくおよそ1年後にそういう未来が予測できるとして、それまで我々に何が準備出来るのだろうかということが、突きつけられているのだと思います。

|

« 7月のアップデート「スクリーンショット」 | トップページ | 7月のアップデート「みャイル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24121/7051888

この記事へのトラックバック一覧です: iPhone に備える1年間:

« 7月のアップデート「スクリーンショット」 | トップページ | 7月のアップデート「みャイル」 »