2010年2月11日 (木)

Google Buzz ですと!

R1051613

おとといの発表から、スタートしたGoogleの新サービス、Google Buzz ですが、早速、使ってみましたよ、まだまだ Buzz がすくないですね。で、簡単にいうと、GMail + Twitter というカンジです。Google 版 Twitterといわれるもの、さもありなんといったカンジ。まぁ、そろそろほとんどのGMail ユーザーが使えるようになるようなので、使ってみるのが一番手っ取り早いと思います。下手なレビュー(このブログも含め)読むよりも。

で、それでも話を続けると、私のイメージとしては、便利で楽しそうなんだけれど、Gmail にヒモ付られている分、ちょっと怖い気がしましたよ。とっても、私の場合、メアドがばれるとか、そうことではなく、そもそも、ネット上に顔も本名も普通に出しているので、どーでもいいんですけれど(むしろ仕事に繋がりそうならウェルカムだし、っていうか仕事ください)、使ってて気になったのが、公開範囲がまったく異なる2つが、同一ラインに並んで、同じような、インターフェイスで使えてしまうってこと、なのです。

具体的に言うと、Gmail は当然、送信者と受信者しかそのメールの内容を知ることは出来ません(簡単に盗聴できるとか、そういうのはさておき)。メールですし、当然です。でも、そのGmailの中に、普通に表示されてくる Google Buzzは、そうではなくて、その Buzz は、基本的にネット全体へ公開されるモノなんですよね。一応、Privateなモードもあるようだけれど、Twitter 的なものだと考えると、むしろ意味が無い。だったら、チャットするよ、みたいな。

で、私は Google Buzzを使ってみて、その頭の切り替えが面倒で、うっかりまちがって、相手しか読んでいないという感覚でヤバイコメントを返したりしそうで、怖いなとおもった訳です。例えばチャット感覚で、「そういえば、こないだの・・・だいじょうぶだった?」とか、コメントのあと、普通にオープンにしにくい(このばあい・・・の部分)とかを、うっかりつぶやいてしまいそうなんですよね。

Twitter の場合は、ツール自体が分かれているし、完全に別のサービスなので、そういうミスをする可能性は相当低いわけで、そもそも、そんな心配すらしたことなかったんですけれど、これがGmail のインターフェイスにのってくると、話が変わりますからね。

まぁ、とはいえ個人的には基本的に新しいサービスが始まるのは楽しいので、ネガティブな話だけではなくて、もうすこし建設的な話をすると、このGoogle Buzz、Google Apps には、非常に向いていそう、良さそうだと思っています。いわゆるイントラ用Twitterってカンジですね。ここは、Twitterが入ってこれなかったところでもあるし、決められたドメイン内(たとえば社内)だけ、つぶやきが公開されるというのは、それはそれで魅力的です。多少間違っても、社内なら、まぁ、たぶんだいじょうぶかなと。というわけで、イントラネット用のTwitter として、Google Buzzは便利な気がするんですよね。実際、Google Apps 向けに準備もされているようなので、導入が今から楽しみです。

と、いうわkではじまったら、さっそくビサイド社内向の Google Buzzを始めたいと思いますヨ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

ツクモ電機のおもいで

テスト投稿

今日、ツクモ電機が民事再生法の手続きを申請したそうだ。ニュースによると10月分の売掛金と手形で不あたりを出す事が確実になったので、それに先駆けての申請だったみたい。

実は自分は、大学生のときにツクモ電機で1年ほどアルバイトさせてもらった経験があるんですよ。その事もあって、非常に感慨深いものを感じてしまってます。その当時(1992年頃)は、PC-9801 のフロアに配属されていたので9801をばんばん売っていたのを覚えてるなぁ。機種的には、PC-9801RA21 から、PC-9801FA に変わる頃で、新機種が出て安くなった RA21 は本当に飛ぶ様に売れていた。

ツクモの特徴は単に安売りするだけじゃなくって、それなりに大きい店なんだけれど、マニアックな商品も品揃えもあり、いろいろ詳しい店員がいる、そして値引きもあるという立ち位置で、当時の秋葉原では確固とした地位を築いているカッコいいお店だったとおもう。そして、オリジナルのソフトや周辺機器も作っていて、それらはマニアにも人気が高かった。自分も使っていたのは、ツクモオリジナルの9801用の外付け5inchFDD とかかな。スイッチで内蔵FDDと外付けFDDのドライブ番号を返ることができるユニークな商品で、なかなか便利だった。

あと、Macintosh とか、X68000とか、TRON(超漢字OS!)とかマイナーなパソコンもちゃんと扱っている本当にいいお店で、それらの機種がらみのファンも多かったと思う。X68000とか、専用の周辺機器がほとんどないから、9801用のHDDを独自にX68000で動作保証して売っていたりとか、ジョイティック端子をつかってパラレルポート通信するスキャナアダプターを製品化したりとか、やるきまんまんだった。そうそう、アルバイトでも社員割引でパソコンが変えたから、ツクモでアルバイトしたお金で、ツクモでいろんなものを買っていたなぁ。まさに、マッチポンプ。その中でも、 Macintosh SE/30 は今の会社の席の後ろに飾ってあったりして、いまだに持っている。いやもう、懐かしい事この上ない。(写真参照)

そんなかでも一番の想い出は、アルバイトにも販売価格の裁量が認められていたので、やりがいがあって楽しかったと言う事。どういうことかというと、毎週、主要な機種の「通常売値」と「底値」の両方を書いたメモを渡され、その間なら、いくらで売ってもOK といった具合。もちろん高い値段で売った方が利益が大きいので、お客さんとの交渉次第で価格をきめろという訳。おかげで、お客さんとの駆け引きがなかなか楽しかった。当時はネットの情報もなくて、大抵のお客さんは何件もお店を回るから、いきなり即決という事はないのが普通。そこで、よく使った売り文句は「全部お店を回ってから、またきてくださいよ。戻ってきてもらえたら、値段、がんばりますから!」とかいっておくと、たいてい戻ってきてくれるので、そこでその人の最安値を聞いて、それよりちょっと安めの端数を丸めた位の金額を提示して、買ってもらうというパターン。それもツクモ電機の底値はけっこうがんばった価格設定になっていたから、提示された最安値にも結構追従できたんですよね。けど、それでも対応がムリな価格もたまにはあって、でも、戻ってきてくれたお客さんは、かなり買ってくれる確率も高い人だから、そういう時は店長に相談して対向価格を出してもらう事もあったりした。いまおもうと、少々のんびりしたいい時代だったのかもしれない。DOS/V の時代になってパーツ販売が中心になると、価格交渉とかほとんどなくなったしね。

まぁ、そんなカンジでそんな時代の中、約一年間って言う短い間だったけれど、パソコン販売の最前線に立つことができたというのは、学んだ事も多くって、その後の人生にもイロイロと役に立つ事が多かった。

このままお店がなくなる訳ではなくて、民事再生法の適用を受けて再建を目指すとの事なので、厳しい道のりだともうけれど、ホント、がんばってほしいと思います。

応援してます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

Mac(OSX)でFlashの文字化け対処法

雪だー

最近でも、随分前に書いた書いたFlashの文字化け対策へのトラックバックや、コメントをいただく事があります。

この件に関しては依然、困っている方も多いようで、検索されてこのブログにたどり着かれているようなのですね。私としても少しでも誰かの役に立てばと思って書きとめていたブログであるので、ホントに役に立っているという事は嬉しいかぎり。

で、この状況についてLeopardや最新のFlashならば、なにかもうすこしいい解決方法がないものかとおもって再調査してみたら、もっと簡単で良い方法を紹介しているブログが有りました!早速試してみたら、問題なく解決できているようですので、ウチにも同様の方法を転載させていただこうと思います。

Mac(OSX)のFlashで日本語が文字化けする対策

  1. Flash9.0の最新版をゲット&インストールにする
  2. Terminalを開く(Application -> Utilities -> Terminal)
  3. 下記のコマンドを実行
% echo -n 1:14 > ~/.CFUserTextEncoding

これで、設定完了! Terminal 上のエディタ(vi等)が使える方はもちろん、編集して書き換えてもかまいません。ちなみに標準だと、0:0 という内容でした。この方法ならば、.MacOSXというフォルダを作ったり、plistをつくったりする必要も無いので、とても手軽ですね。スバラシイ!

また、私は1番は飛ばして、やってみたのですがうまくいきました。ある程度新しいFlashならば、すでに大丈夫なようです。ただし一度、logoutして、loginしなおさないと反映されないようですので、ご注意ください。

ではでは。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

ローコストなマルチタッチシステム

まずは上のムービーを見てもらえますか?

これはWiiリモコンをPCにつなげて超ローコストでマルチタッチシステムを構築した人がYouTubeにアップロードした動画なんですが、このアイデアに脱帽ですよ!

すでに実用可能な位なところまできていて、完成度もかなり高そう。これがあったら会議が楽しそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年11月17日 (土)

EMOBILE買ってきた

イーモバイル買ってきた

最近、社外に打合せに行ったときにネットにつながらなくて困る事が増えたので、ついに買ってしまいましたEMOBILEのUSB接続モデム D01HW ですよ!

さっそくドライバーをインストールして、MacBookに接続してみたのですが、うまく接続できない様子。しらべてみると公式にはLeopardにはまだ対応していないみたい。でも、検索してみると動作報告もいくつかあがっていたので、チクチク設定をいじったら無事、動作する様になりました。

どうもネット上には、LeopardでD01HWを動作させるための情報がそんなになさそうだったので、メモしておきます。

  1. 公式ドライバーをインストール
  2. System Preference を開く
  3. Networkをクリック
  4. 一覧から、HUAWEI Mobile をクリック
  5. Telephone Number > *99***1#
  6. Account Name > em
  7. Password > em  と設定。<---  ここまではマニュアルどおり
  8. Advanced... をクリック
  9. Vendor: を "apple" から "Ohter" に変更
  10. Model: を"HUAWEI Mobile Connect " に変更
  11. Dial Mode: を "Ignore dial tone when dialing" に変更
  12. OK をクリック
  13. Apply をクリック
  14. これで、Connect を押すと、圏内ならばバッチリ接続しました!

と、こんな感じです。11がポイントだったかも。特に動作保証はないですが、LeopardになってからEMOBILEがつながらなくなった人は、試してみる価値はあるかもです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

Leopard 移行時のMailのバグ?

カニチャーハン@ エキュート立川

今日、会社に来てみると土曜日にこっそりLeopardにしておいた事務のスタッフのiMacでトラブルが起こっているとの事で、早速調査。

いくつかは簡単に解決したんだけれど、どうもMailのバグっぽい挙動が見つかった。具体的には以前使っていたMail内に作成したフォルダが見えなくなっているという現象。ただし、全部のフォルダが見えなくなっているという訳ではなくて、一部のフォルダはちゃんとみえているという。

自分のMacではそんな問題はでていなかったので、なんでだろと思いつつ、下記のように調査開始。

  1. Mailを一旦終了
  2. Mailのデータ保存先をFinderで確認
    Mailのデータは ~/Library/Mail/Mailboxes に置かれているのでそこを開いてみた。念のため、丸ごと別フォルダにコピーしてバックアップ。
  3. 法則の調査、推測
    どうやら先頭文字が日本語のフォルダがちゃんと引き継がれず、表示されていないという事を推測
  4. *.mbox の名前変更
    Finderで直接、ファイル名の先頭に _(アンダースコア)を付加。ここで変更したのは、.mbox のファイルのみ
  5. Mailを起動
    さっき変更した _付きのファイル名でフォルダが表示されるようになった!ただし、フォルダ内は空っぽ
  6. Mail からフォルダ名を修正
    こんどはMail上から、フォルダの先頭についている _を削除
  7. 無事、フォルダ内のメールも見られるようになった!

という訳で、無事、解決できましました。ラッキー。このバグってもし再現率が高いとすると日本では影響受けている人がおおいかもしれない。みんな大丈夫かな?

ちなみに自分のMacで発生しなかったのは、フォルダをほとんど使わず、スマートフォルダを使っていたからだったかもしれない。ついでに、事務のスタッフにはスマートフォルダの有用性ついて解説しました。その後、さっそくスマートフォルダを使うようにしたみたい。

やっぱし、なにかとトラブルは発生しますなぁ。

あ、最後になりますが、上記の方法で解決できたのはあくまでうちのケースであって、同様の問題が解決できるという保証もありませんし、Mailのデータフォルダ名を直接書き換えるというような事もやっていますので、お試しになる場合でもバックアップを取った上で、自己責任でお願いしますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Leopard いれました

Index_hero20071016_2

今週末は、例によって金曜日に発売された Leopard をさっそくインストールしました。さすがにいきなりメインマシンにインストールするのは怖かったので、サブマシンである iMac にインストールしてみたところ、ほとんど問題が出なかったのです。そこで、メインマシンの MacBook にもインストールに踏み切りました。

その過程で、常用しているフリーウェアの中には Leopard に対応していないモノが多少でたのですが、いくつかは解決することができました。すばやい対応をされているフリーソフトの作者さんには頭が下がります。折角なので、人の役に立ちそうな物を書きとめておこうと思っています。

  • SynergyKM
    これは、ネットワークにつながった複数のマシンを1台のマシンでコントロールできるようにする超便利ソフト。元々、Synergy という名前のフリーソフトなのですが、それを Mac 用に GUI を追加するなどしたスペシャル版です。このソフト、会社で常に2台の Mac を使っている私には不可欠なソフトなのですケド、実は、最初、iMac だけをLeopard にした段階ではうごかなくなってしまって絶望的な気持になったのですね。キーボードをとっかえひっかえして2台のMacをつかうって言うのは、かなりめんどくさいので。しかし、MacBook もLeopard 化したら、まったく何事も問題なかったかの如く動きました。この現象は、わたしだけの問題だったかもしれませんケド、Synergy が動かなくなってしまった人は、試してみる価値はあると思います。
  • BathyScaphe
    これは、Mac用の2chブラウザで、これも常用ソフトなのですが、Leopardで起動しなくなってしまいました。開発元の web にいったところ対応版がすでにリリースされていたのでインストール。まだ正式リリースではないようですけれど、無事、動作するようになりました。しかし、困った事が発生。これまでおきにいりに登録していた過去ログが全部見えなくなってしまったんです!これはちょっと深刻で、解決方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてもらえると助かります。過去のまいいつスレのログがなくなったのが痛い…orz
  • Letterbox
    これは、Mac標準のメーラーをOutLookのように、縦分割の3ペイン表示を可能にするためのプラグインです。このプラグインはまだ、Leopard未対応で、作者さんが対応中のようです。対応が待ち遠しいです。

と、めだったトラブルはこのくらいで、あとはOSのバージョンアップを行ったとは思えない位、ほとんどのものがスムーズに動いています。で、トラブル関係はこのくらいにして、Leopardで素晴らしい点をいくつか書くと、

  • 標準添付の辞書が充実!
    これまでの英英辞典だけではなく、日本語の「大辞林」「英和中辞典」「類語例解辞典」が標準添付されるようになっていました。もう、すばらしいの一言です。この辞書だけでもOSのアップデートの元を取った気分ですよ。さらに、この辞書ツール(Dictionary) で世界の Wikipedia まで検索できるようになっており、便利すぎて死にそうなくらいです。
  • Spaces
    いわゆる仮想デスクトップシステムなのですが、これまでにあったフリーウェアの同類のソフトウェアと比べて、OSとの親和性が高く非常に良い感じです。
  • Terminal
    まさにただのTerminalソフトなのですけれど、タブが使えるようになったりと細かくアップデートされています。地味なソフトなのですけれど、いつも使うソフトだけにアップデートがありがたいですね。

まだまだ、いろんなところが細かくアップデートされていて、パッとみはそんなに変わった感じはしないのですが、つかっていくといろんな場所が良くなっているのがわかります。んー、こういう「基本は変わらないけれど、細かく良くなっている」というのは地味だけれど、すごく有効なんですよね。まだまだ体験できていない新機能も多いので、これからも楽しみです。あ、あとそういえば、MacBookのファンが以前より回りにくくなっている気がします。電源効率もあがったのかな?気のせいかもしれませんが。

しかし、こういうすばらしいアップデートを見ると、まいいつもこんなアップデートを行っていきたいと思ったりしました。精進しなくては!

追伸:まいいつスレの過去ログですが、親切な同業者の方が送ってくれることになりました。ご心配おかけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月20日 (金)

Digital Phantom

Jacket1

このカッコイイCG は、あの安倍吉俊さんが描いた「電脳空間カウボーイズ」のサウンドトラック "Digital Phantom" のジャケットです。

このアルバムは 7月18日から iTS で発売中なのですが、なかなか好調な売れ行きのようで、スゴイです。内容もサーバな独特のメロディーと往年(?) のマイコン少年にはたまらない歌詞が最高ですヨ!

私もこのアルバムの元になっているPodcast「電脳空間カウボーイズ」 には何回か登場させていただきましたが、とても楽しい時間でした。すでに100回を超えている Podcast はどれもとても面白いのでまだ聞いていない人は、バックナンバーからゼヒ聞いてみてください。

そうそう、アルバム内には、Podcast 中で使用されている各種ジングルも入っているので、自分でカウボーイズごっこをして楽しむこというマニアックな遊びも出来て、お買い得ですぜ!?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

ついに公開!Google Calendar

ついに Google Calendar が公開されました!

グーグル、噂の「Google Calendar」をついに公開 - CNET Japan

この手のスケジュール管理ツールに目がない&Google 好きの自分としては試さない手はありません。

と、いうわけで、早速、使ってみたのです。

Googlecalendar2 簡単にスケジュールを入れてみたスナップショットはこんなカンジなのですが、時折、サーバが重かったりしたモノの、使用感はかなか良い手応え。しかも、この GoogleCalendarは自分の望んでいたスケジュールツールに相当近いモノになっています。

私としては、「1つのカレンダー上に、複数のカレンダーをレイヤー的に表示しながら、それぞれに対してアクセス制限を付加しつつ、他のユーザと共有しながら、すべてを透過的に扱える」というのが、理想だったんですね。GoogleCalendarでは、まさに、それが実現されているというカンジです。ホント、自分のために作られたようなカンジさえします。

さらに、自分の想像を超えているおもしろい部分もありました。何かというと、GoogleCalendarを使っている人たち全員に対して、公開できるようなスケジュールが簡単に作れると言うことです。これは、使い方しだいではなかなか強力な広告として使えるかもしれません。

と、いうわけで、私はどこでもいっしょ関係の公開スケジュールを作ってみました。興味がある人は下記のリンクをGoogleCalendarに追加してみてください。(Search public calendars ってトコロに入れてもらえれば、OKです)

http://www.google.com/calendar/feeds/g1aaqira46c86k3st3nv870tag@group.calendar.google.com/public/basic

これは、どこいつ関連のイベントスケジュールや、ゲームの発売予定日などを登録したモノで、GoogleMap へのリンクなども設定してみました。せっかくなので、このカレンダーは今後も自主的に更新していこうと思っていて、どこいつファンの人たちに役に立てば良いなと思っています。

いやぁ、なかなかおもしろいですネ。こんなカンジで、いろんな便利なカレンダーが公開され、共有できるようになるに違いありません。好きな作家の単行本の発売日とか、ジーコジャパンの試合予定とか、あったらすぐにでも追加したいくらいですよ。

ただし、とても残念なことに日本語が、GoogleCalendarの検索対象にならないようなのです。本来ならば、上記のような長いリンクをつかわずとも、「どこでもいっしょ」という単語で共有可能なスケジュールを検索し、追加してもらえるハズなのですが、日本語では、まだ検索が機能しないようです。これは、そのうち解決するでしょうけれど、早期解決を望みたいところですね。

| | トラックバック (2)

2006年3月30日 (木)

ナイコン族気分

P1010115 実は半年ほど前から、Macintosh (マック) がすごく気になっています。

話を聞いたり、本を読んだり、お店でマックに触るたびに、今のマックっていいなぁ、というキモチがだんだん強くなってきているんですよね。ただ、このまま勢いでマックを衝動買いしてしまうには、マスターアップ前の今の時期は忙しすぎて、買ってもどうせろくに、いじくり回せなさそうだという理由で理性が働き、自分に歯止めがかかっている状況なんです。

んー、いいのやら、わるいのやら。

ま、それでもマックは気になるわけで、Web でニュース記事や、blog を見つけて読んだりしているのですが、微妙に物足りないんですよ。PC の記事は多いんですが、マックの記事って、やっぱり相対的に少なくって。

その結果、自分の好奇心のはけぐちは、マックの専門雑誌に向かっています。しかし、マックの専門誌(MacPeople, MacFan) は月刊なので、月に一回しか、情報が更新されないんですよ。月刊誌なんだから、あたりまえですが。これが、Web の情報更新のスピードになれた今の自分にとって、えらく、もどかしいんですね。ケド、その一方で、とても懐かしい感覚を思い出したんですよ。なんていうか、好きな雑誌があり、その来月号の発売日まで、今月号を隅々まで読みながら待つっていうのは、ホント、久しく忘れていた懐かしい感覚でした。

その昔、ほとんどのパソコン(当時はマイコンって言ってましたが)は、まだまだ子供のおもちゃと見られていた時代がありました。しかし、それでも今のパソコンとそんなに変わらない値段がしていたので、パソコンは、子供がそう簡単に買ってもらえる商品ではなかったんです。そんなパソコンを買ってもらえない、子供たちは、電気屋さんに展示してあるパソコンで、BASIC を動かしたり、ゲームを遊んだりして過ごしていたんですよね。そして、パソコンの雑誌を読みながら、いつか親に買ってもらえる日が来たら、どんなパソコンにしようかなとか、手に入れたら、こんな事ができるんじゃないかとか、いろんな夢を見ていたわけです。

そんな、パソコンは持っていないけれど、パソコンが好きな人間たちを表す言葉として、「ナイコン族」という言葉があったんですよ(この○○族って表現も、いい加減、古いですな)。

ご多分にもれず、自分もナイコン族だった期間がそれなりにあり、そして、なんか、いまの自分って、その頃とタブって見えるわけで、なんつーか、ナイコンというか、ナイマック族ってカンジですけど。

35歳にもなってこんな気分が再び味わえるとは、なんとも嬉しいことかもしれませんね。

と、今日発売の MacPeople を手にしながら考えたりしていたのでした。

スティーブ・ジョブズ-偶像復活 Book スティーブ・ジョブズ-偶像復活

著者:ジェフリー・S・ヤング,ウィリアム・L・サイモン
販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏 Book レボリューション・イン・ザ・バレー―開発者が語るMacintosh誕生の舞台裏

著者:アンディ ハーツフェルド
販売元:オライリージャパン
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | トラックバック (1)

より以前の記事一覧