2010年9月29日 (水)

「羽月莉音の帝国」がスゴかった!

羽月莉音の帝国 (ガガガ文庫)

尖閣諸島問題が世間を賑わせている昨今ですが、こういう事件が起こると、国というものについて考えさせられます・・・と、微妙に真面目なフリをしていてなんなのですが、最近すごいブームのライトノベル(ラノベ)の話など。

仕事柄(?)というか、まぁ、昔から新井素子とか氷室冴子とか好きだったこともあって、以前からラノベも結構読む自分なのですが、そんな中であんましどころかまったくラノベらしくない様な、ちょっと国という存在ついて、考えさせるラノベがあるのです。なんと。

タイトルはズバリ「羽月莉音の帝国」という小説なのですけれど、この小説、主人公の少女(羽月莉音)が革命を志ざし、日本から領土を奪い、建国をめざすというストーリー。しかし、かといってラノベにありあちなフシギパワーとか超テクノロジーとか一切なし!未来人も宇宙人も超能力者もでてきません。ひたすらに現実的な手段で革命を目指すという、もし主人公が女子高生じゃなかったらラノベじゃないんじゃない?といえてしまう様なおそるべき内容の小説なんですヨ。

で、ネタバレにならない程度に紹介を続けると、革命、そしてその先にある建国のためには資金が必要なので、大儲けを企むのですが、この方法が奇をてらわず、実にまっとうなのです。どうまっとうなのかは、実際に読んでもらったほうがいいと思うので、このへんで中身の説明はやめておきますが、自分的2010年ラノベオブザイヤーの作品です!

ちなみに、去年(2009年)の自分的ラノベオブザイヤーは、「紫色のクオリア」でした。こっちは羽月莉音の帝国とは真逆(?)でフシギパワー全開の話しなんですけれど、個人的にツボにはまるSFでしたね。

というわけで、どちらの作品もちょっと変わったラノベを読んでみたい人には非常にオススメですよ!


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年1月21日 (土)

会計は会社を映す鏡

先日から日本中を騒がせていたライブドア事件ですが、ようやく報道も落ち着きはじめてきて、いろいろと情報が整理されてきてるようですね。この事件に関しては、すでにいろんな方たちがブログ等に書かれているので、自分はちょっと別の方向から書いてみようかと思います。

今回のライブドア事件で、問題になっている事の一つに「粉飾決算」があります。もちろん、コレは重大な犯罪でけして許されるモノではありません。でも、その「粉飾決算」って、たとえば「窃盗」や「殺人」とちがって、具体的にどんな事が行われていて、どんな風に悪いことなのかわかりにくいモノですよね。

私も一応、社長をやっている関係上、決算とか、いわゆる「会計・経理」について、多少の知識はあるんですけれど、それでも今回の粉飾決算の仕組みについてバッチリ説明できるかというと、あんまり自信がなかったりします。会計って、やっぱ複雑なところがあるんですよね。

そんな難しそうな「会計」をテーマにした小説として、 女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様  というオススメの小説があります。この小説は、粉飾決算をはじめ、いろんな会計上のトリックや仕組みを元にしたエピソードを詰め込んでいるにもかかわらず、会計の難しさをカンジさせずに、楽しく仕組みに触れることが出来る小説なんです。私も、この1巻を買って読んでみたら面白かったので、一気に3巻まで読んでしまいました。

しかも、読み終わってから気づいたのですが、この小説の作者さんって、あの さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 を書いた方なんですよね。ちょっと、びっくりです。

この小説をよめば、ライブドアが「どんな悪いことをしたといわれているのか」、「なぜそんなことをする必要があったのか」なんてことの理解がより深まるかもしれません。

ある意味、この時期に読むのに向いている本だとといえるかもしれませんね。

女子大生会計士の事件簿〈DX.1〉ベンチャーの王子様 女子大生会計士の事件簿〈DX.2〉騒がしい探偵や怪盗たち 女子大生会計士の事件簿 Dx.3 神様のゲームセンター

| | トラックバック (2)